けんひろリサーチNow!

県立広島大学

日本企業の経営と会計

取り組み内容

 日本の企業経営における会計の使われ方について研究しています。この研究では,福井県の総合繊維メーカーであるセーレン株式会社を中心として,10年以上にわたってインタビュー調査を行ってきました。そこから本研究では,企業が目標利益を達成するために,会計を用いたPDCA,つまり頻繁にフィードバックや計画の修正を行ううえでは,日本的な人事考課が有効であることを明らかにしました。

  多くの日本企業ではバブル崩壊以降,成果主義的な人事制度の導入が進められてきました。それは業績という成果に加え,能力や業務への取り組み姿勢などのプロセス評価をあわせたものでした。多くの場合それは「成果のみ主義」ではありませんでした。それにより,人に常に環境変化を意識した仕事を行うよう仕向けること,そしてそのためのモチベーションを維持できるように促すことが可能になります。

 詳細は,以下の著書で分析しております。

仕組みの図
学会賞受賞
担当者地域創生学部 地域創生学科 地域産業コース 准教授
足立 洋(あだち ひろし)

Hiroshi Adachi研究者紹介ページ

カテゴリから取り組みを探す

1 貧困をなくそう2 飢餓をゼロに3 すべての人に健康と福祉を4 質の高い教育をみんなに5 ジェンダー平等を実現しよう安全な水とトイレを世界中に7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに8 働きがいも経済成長も9 産業と技術革新の基盤をつくろう10 人や国の不平等をなくそう11 住み続けられるまちづくりを12 つくる責任つかう責任13 気候変動に具体的な対策を14 海の豊かさを守ろう15 陸の豊かさも守ろう16 平和と公正をすべての人に17 パートナーシップで目標を達成しようALL取組一覧
学生の取組「私のSDGs」動画