ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 国際交流センター > 短期海外研修

本文

短期海外研修

短期語学研修プログラムとは

短期語学研修(短期留学)は, 本学の夏季?春季休業期間中に1週間~1か月、海外の大学に留学し,主に語学を学修するプログラムです。

1 短期語学研修プログラムの特徴

 (1)初級から中級?上級クラスまで,自分の語学力にあったプログラムが選択できる。

 (2)語学学習だけでなく,異文化理解の文化体験やフィールドトリップなどの

    アクティビティが用意されているプログラムもあります。

 (3)帰国後に所要の手続きを行うことで,「海外研修(2単位)」の単位認定が可能。

    ※単位認定には,研修期間など申請条件を満たしていることが必要です。

    ※申請後,教授会で審議?認定されます。

    ※配当年次2年次~4年次の科目です。(1年生は,2~4年次に申請可)

    ※詳細は,学生便覧をご確認ください。

 (4)派遣プログラムへの参加申込や航空券や現地宿泊先の手配は,国際交流センターが窓口として
    行います。カンタベリー大学(ニュージーランド)のプログラムは,職員が現地まで引率する
    ので,初めて海外に行かれる方でも安心です。

 (5)参加するプログラムにより月額6~12万円の奨学金が支給されます。

2 主な短期語学研修プログラム

 〇R5年度短期語学研修プログラムを実施予定です。

 〇各プログラムに共通する募集要項については,こちら(共通募集要項(短期) [PDFファイル/594KB])をご確認ください。

R5年度実施予定 短期語学研修プログラム(※プログラムは年度により異なります)

時期 派遣先プログラム   期 間 参加レベル   プログラムの特徴 募集要項
夏季 カンタベリー大学
ニュージーランド)

8月~9月
(2週間? 4週間)

初級~上級

?海外,語学初心者向け  (引率有)

?他国の学生とのレベル別       混合クラス

?ホームステイ(1人部屋)

募集要項 [PDFファイル/849KB]

ソウル市立大学
(韓国)

8月
(1週間?  2週間)

初級~中級

?韓国語語学研修

?レベル別のクラス

?文化体験や現地大学生との交流もあり

?学生寮滞在(予定)

募集要項 [PDFファイル/816KB]

西南交通大学

(中国)

9月

(2週間)

初級~上級

?中国語語学研修

?文化体験や現地大学生との交流も充実

?学生寮滞在(予定)

募集要項 [PDFファイル/873KB]

チェンマイ大学
(タイ)

8月~9月
(2週間? 3週間)
初級~上級

?英語発音やプレゼンに特化

?企業見学あり(3週間のみ)

?現地学生との交流もあり

?ホテル滞在(予定)

募集要項 [PDFファイル/905KB]

Application Form [Wordファイル/95KB]

春季 カンタベリー大学
ニュージーランド)
2月~3月
(2週間?  4週間)
初級~上級

?海外,語学初心者向け

?他国の学生とのレベル別混合クラス

?ホームステイ(1人部屋)

募集要項 [PDFファイル/850KB]

シェフィールド大学

(英国)

2月
(4週間)
中級~上級

?他国の学生とのレベル別混合クラス

?ホームステイ(1人部屋)

募集要項 [PDFファイル/916KB]

ランガラ大学
(カナダ)
2月
(3週間)
初級~上級

?日本の他大学との混合クラス

?ホテル滞在(2人部屋予定)

 

募集要項 [PDFファイル/907KB]

オースティン?ピー州立大学

(米国)

3月

(2週間)

初級~上級

?海外初心者向け(引率有)

?現地学生との交流が充実

?学生寮滞在(予定)

募集要項 [PDFファイル/786KB]

※各プログラムの募集要項は,詳細が決まり次第,ポータル及び国際交流センターのホームページに掲示します。

3 参加申込?学内手続き書類

 各プログラムに応募される方は,以下から必要書類をダウンロードしてください。

【留学前】

 ?参加申込書(兼)渡航届 [Excelファイル/19KB]
 ?海外研修プログラム参加誓約書 [Wordファイル/26KB]
 ?奨学金申請書 [Wordファイル/22KB]
 ?口座振込依頼書 [Wordファイル/36KB]

【留学後】

 ?留学報告書 [Wordファイル/20KB]

4 問い合わせ先

   国際交流センター(広島キャンパス)
    ?電話番号:082-251-9607
  ?Eメール:puh-ie-s@pu-hiroshima.ac.jp

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)